映画

ぼくたちの家族 映画 動画 フル 無料見逃し配信/視聴!テレビ放送6月10日地上波

ぼくたちの家族 映画 動画 フル 無料見逃し配信/視聴!テレビ放送6月10日地上波

 

2019年6月10日25時59分から『映画天国「ぼくたちの家族」★監督・脚本:石井裕也★』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ぼくたちの家族 映画 動画 フル 無料見逃し配信/視聴
 

ぼくたちの家族 /番組内容

 

若菜家の母・玲子(原田美枝子)が重度の物忘れにより病院で検査を受けることに。医者から末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。父(長塚京三)は取り乱し、長男の浩介(妻夫木聡)は言葉を失くし、次男の俊平(池松壮亮)は冷静を装う。日に日に記憶が曖昧になっていく母は今まで内に秘めていた家族の不満や本音を暴露していく。その時、父と二人の息子は…。

 

ぼくたちの家族 キャスト

 

新作映画紹介
さらば青春の光 今夜は「町田くんの世界」をテーマに番組オリジナルの書き下ろしコントを披露!

キャスト
妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾、板谷由夏、市川実日子

 

ぼくたちの家族 映画 動画 フル みどころ

「僕たちの家族」はなかなか見ごたえのある映画のようですね。

具体的には母親が重度の物忘れで病院で診察を受けると、末期の脳腫瘍であることがわかるのですね。

父親は頼りにならない、弟は楽観的で、長男だけが母親の病気に対して向き合うといったことになってしまうようですが、実際手術や入院で真っ先に必要なものはお金です。

そのお金の工面に頭をなやませるようで、父親は会社に6000万もの借金があり、母親はサラ金に300万の借金と、とても手術費用も出ないようです。

なかなか重い話ですが、これは映画だからと、のほほんと見ている感じではなく、主人公になりきって映画の中に入って悩み苦しみ、右往左往してしまいそうな映画ですね。

長男の妻にお金を何とか出来ないかと相談しても、「工面は出来ない」と冷たく言い放たれるようで、長男の心はズタボロですよね。

それでも何とか弟を引き込み、手分けして治療ができる病院を探し出すことに成功し、治療にも成功して回復に母親は向かっていくようでホッとするラストになるようです。今や100年生きるという自分たちの長い人生に、このようなことが起きないとは言えません。むしろ起こりうる可能性のが高いのでは無いかと思います。

その時にどれだけ患者の周りの人間が協力し合えるかが鍵となると思います。

そんなことを考えさせてくれる映画のようで必見の価値アリですね!
 

ぼくたちの家族/見逃し配信/映画/動画/ネタバレ

  家族の一大事のとき、まわりはどのように対応したらよいのか、たまに考えることがあります。

この映画のように親が大病になったら、果たして自分は冷静でいられるのか。多分、自信がありません。

しかし、こういったことはどこの家族にでも起こり得ることだと思うので、考えておくことも必要なのかなと感じます。

重度の脳腫瘍は、進行するごとに物忘れもひどくなり、人間が変わったようになってしまう症状があるそうです。

もしも肉親が自分のことを忘れてしまったり、暴言を吐いたりの症状があらわれたらかなりショックで、その精神的ダメージは大きそうです。

映画では末期の脳腫瘍で余命があと1週間だと告知される残酷なケース。そんなことってあるのだと驚きです。

家族は冷静になれず、取り乱してしまう状況は当たり前だと思います。二人息子はそんなときどのような行動をとるのでしょうか。

母と息子の関係がこれまでとは変わっていくのでしょうか。母と娘なら結び付きも強く、寄り添えることもあると思うのですが、息子というのは気持ちをどのように伝えていくものなのでしょうか。

そのあたりがとても気になります。母親が最後を迎えるその日まで、夫や息子たちが暴言に戸惑いながらもどのように接していくのか、とても気になる映画です。

ぼくたちの家族/見逃し配信/映画/動画/フル/無料視聴感想/h2>

脳腫瘍が見つかり余命一週間と言われたら、家族はたいへんショックを受けると思います。

家族は歯車が一つ欠けただけで取り乱してしまうので、思うように行かなくなります。

自分の体は自分が一番知っているので、母も薄々感じていると思います。家族は辛いと思いますが、死ぬ人が一番辛いと思います。残された家族にできることは、思い出をたくさん作ってあげることです。しかし残りわずかなので、死のカウントダウンは一刻と迫っています。

母は、これまでの不満不平を言い出したのも、死ぬことが分かっているので恐怖から来るものです。死ぬ直前は、わがままになったり口が悪くなります。

どうせ死ぬんだから怖いものなど無い考えで、恐怖から逃げたい気持ちです。どう思われてもいい気持ちが、日に日に悪循環にさせて周りを困らせます。家族は不満を言われてショックでしょうが、我慢するしかありません。

こんなことを思っていたのか?と気付かされるいい機会です。口のブレーキが利かなくなった母を見守るしか方法がありません。

もっと生きたい気持ちがそうさせているのだと思います。言いたい事を言い合えるのが家族ですが、最後にいい言葉も聞きたいものです。

家族が崩壊する時、それは新しい未来ともいえます。

まとめ

 
余命一週間って、あまりにも短すぎますよね。もし自分がそんな事を言われたら、とても受け入れられません。

たとえば余命10年と言われてもイヤですよ。

たった7日しか時間が残されていない。

どうすれば良いのでしょうか。

治療をするにも、お金が必要です。でも、すぐに用意できるわけありませんよね。

いざという時のために常日頃から貯金しておくことは大切です。

ですが、生活するだけで精いっぱいで貯金する余裕もありません。

病気にならないのが一番ですが、こればっかりは気をつけていても防げないものですからね。

いろんな病院をハシゴして、じつは治療ができる病気だと判明します。余命一週間から生還することが出来たのです。

実際に余命を宣告されたあと、こんなふうに積極的に行動できるでしょうか。

もしかしたら、恐怖のあまり自暴自棄を起こしてしまうかも知れません。タイトルにもあるとおり、家族の存在が大きな支えになっています。

もしも自分ひとりだったら。生きようとすら思えなかったでしょう。家族がサポートをしてくれたから。

家族と一緒に暮らしたいと思ったから。

少しでも余命を伸ばそうと努力できたんですね。余命を宣告されても、慌てずに行動することは大切ですね。

実際、余命一週間なんて言われたら何も考えられなくなりそうですが。ちょっとした行動の違いで、自分の人生が大きく変わります。

最後まで諦めずに行動する大切さを教えてくれる作品ですね。

 
ぼくたちの家族/見逃し配信/映画/動画/フル/無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)

でないときは
下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ぼくたちの家族/見逃し配信/映画/動画/フル/無料視聴