未分類

ガンダム オリジン 動画 6話/7話 テレビ再放送が無料アニポ/anitube/b9/kissanime

機動戦士ガンダム オリジン動画7話テレビ(6月9日)再放送が無料アニポ、anitube、kissanime

 

2019年6月9日24時35分からNHK総合で『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

機動戦士ガンダム オリジン動画7話テレビ(6月9日)再放送が無料い彗星
 

機動戦士ガンダム オリジン6 動画7話テレビ(6月9日)再放送が無料番組内容

 

「暁の蜂起」のあと地球に降りたシャアは、地球連邦軍のジャブロー基地開発が進む南米で不思議な力を持つ少女、ララァ・スンと出会う。一方RX−78開発計画を推進するテム・レイは、ジオンのモビルスーツ開発の重要人物、ミノフスキー博士が亡命するとの報で月へ向かう。月面のトワイライトゾーンで人類史上初のモビルスーツ同士の戦いが繰り広げられ、パイロットとして亡命阻止作戦に参加したシャアは多大な戦果を上げる。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 キャスト

 


池田秀一,早見沙織,渡辺明乃,喜山茂雄,一条和矢,松田健一郎,土屋トシヒデ,坂口候一,楠見尚己,坂東尚樹,杉村憲司,白熊寛嗣,志賀克也,福田賢二

 

機動戦士ガンダム オリジン動画 6話テレビ(6月9日)ストーリー性

 

このガンダムオリジンは1番最初の機動戦士ガンダムよりも更に前の物語で、ジオン軍の兵士であるシャア・アズナブルを中心に、宇宙に住む人間が地球に住む人間に独立戦争を開始するところを描いています。

シャア・アズナブルはジオンの子で、ザビ家に恨みを抱いているのは知っていましたが、何故そこまで強い恨みを持っているのか、そして、どうやって身分を悟られずに士官してザビ家に仕えるところまで来たのかが、よく分かるようになっています。

彼にはキャスバルという本名があるのですが、それを隠すために実に様々な偽名を使ってくらすのですが、シャア・アズナブルという人物が存在していたのには驚きましたし、いくつもの偽名があるのにも驚きました。

士官学校でザビ家の子で同年代であるガルマとも親密になり、仲良く過ごす事を装いながら、復讐の機会を狙う冷たい目が印象的でした。

他にも、機動戦士ガンダムに登場する懐かしのキャラクターが何人も登場するのがファンとしては楽しいところで、若かりし頃の姿を見ることが出来てワクワクします。これから物語はいよいよジオンと連邦が衝突して戦争になるのではないかと思います。

地球連邦を相手に独立戦争を仕掛けて、赤い彗星が活躍する日は近いと思い楽しみになります。

機動戦士ガンダム オリジン動画6話テレビ(6月9日)再放送が無料ネタバレ

 
既存の「機動戦士ガンダム」ファン向けに作られていていますがさすがに当時のキャラを今風にするとずれが出てきます。これまでのところシャアとザビ家の人達意外のキャラがスケールダウンしてしまっているように感じます。

ランバ・ラルあたりはもうちょっと落ち着いたキャラでも良かったように思います。

今のところザビ家に復讐にまい進するシャアの姿を描いてますが魅せたいならモビルワーカーからモビルスーツへの技術進歩をもっと作りこむほうが良かったです。

モビルスーツ開発秘話のほうが下手な人間ドラマや政治劇よりも面白かったと思います。

ですが当時のオリジナルのキャスティングであるシャアとギレンの存在感は傑出していてすごいです。

ここだけは当時のキャラの雰囲気がよくでています。

シャアのずば抜けた才能を強調していますが今のところ浮いてしまっています。

もっと苦労するのかと思ってましたがすんなり成り代わってジオンの士官学校にもぐりこんでしまうのはちょっと安易過ぎかな。

エドワウからシャアに成り代わる時は自ら手を汚したほうがシャアの黒い部分を強調できてよかったのではと思います。

大物か小物か良く分からないのはシャアらしいといえばその通りなのですけれど。

今後ザクに乗る時にいきなりずば抜けたセンスで操縦してしまうのだとしたらある意味アムロと同じですよね。

まあシャアが主役ですからそういった展開でも納得は出来ます。

作画が今風になっていてとても綺麗、キャラの美形度が高まり眼福です。

これまで謎の多かったシャアとセイラさんの幼少期が描かれ、あの武骨で孤高の男ランバラルがおじさんと呼ばれ快活に笑っていたりキャスバルの声を田中真弓さんが演じられたり驚きの連続でした。シャアやアムロの声優がそのまま引き継がれているのは嬉しいです。キャスバルがシャアになった、何故マスクを着けるようになった経緯はまさかもう1人本物のシャアがいて入れ替わっていたなんて思っても見なかったので衝撃でした。

そしてシャアは今も昔も人を動かすのが上手く、ガルマを言いくるめるシーンはカリスマそのもの。

何気ない学生たちの反乱がファーストガンダムでは主軸となる長い戦いへの始まりと繋がっていたり昔からのファンも楽しめ、過去の話にもかかわらず展開が予想がつかないのでいつもハラハラドキドキしながら観ています。個人的に感動したのはガルマがデギンの手を握り寄り添う場面です。

デギンがガルマを学者にでもすれば良かった、老いてから子供をつくるもんじゃないという言葉に親として息子を可愛がりながらも苦悩する父親の姿、愛が堪りません。

OP・EDのアーティストは豪華ですし、EDのイラストが安彦良和だったりにくい演出。新旧要素バランスよく組み込んだ作品だと思います。

機動戦士ガンダム オリジン動画7話テレビ(6月9日)再放送が無料違法サイトで見ると

違法動画アップやURLを掲載しているサイトの社会的影響は、すでに深刻なレベルまできていると思います。

こんなにたくさんのサイトが乱立していること自体が、そのことを現しています。違法動画の試聴、違法ダウンロードは犯罪です。それを取り締まるために、新たな法整備も必要になり、警察組織も、これまでに必要なかった取り締まりの仕組みが求められます。

また、音楽制作、映像制作の分野においても大きな影響があると思います。

時間と費用を費やして作品を発表しても、無料で世の中に出回ってしまい、制作費が回収できないような事態が続けば、新しい作品を産み出すこと自体が成り立たなくなってしまいます。

アマチュアが趣味で行っている活動とは違い、プロフェッショナルの作品には、多くの分野のプロフェッショナルが関わり、会社が関わり、大きな金額が動きます。その経済活動が成り立たなければ、プロはプロとして生きていくことができなくなります。

それでは文化は守られませんし、途絶えてしまいます。作品に対するリスペクト、制作に携わった方々へのリスペクトが必要なのだと思います。

それを考えれば、気軽に違法動画を見続けることはできないのではないでしょうか。

まとめ

 
ガンダムは好きで色んな作品を見ているのですが、特に宇宙世紀シリーズが大好きで本編である機動戦士ガンダムの直前までのお話なのでとても面白いです。ガンダムのもうひとりの主人公であろうシャアアズナブルの経歴が色々と語られています。

第1話からジオンズムダイクンが亡くなり、ザビ家とラル家の対立を見て、歴史によくある政権争いが見られます。

第2話でのキャスバルがガンタンク初期型に乗って連邦の機体を破壊するシーンでは脅威の射撃センスを見せ、後に赤い彗星と呼ばれるほどの人物になるのだと驚きが隠せません。

そして大きなきっかけとなったのが第4話でのシャアアズナブルとの出会いです。

キャスバルと瓜二つの姿をしており、ジオンの士官学校に受かったということとキャスバルを暗殺しようとしていることが相まって見事にキャスバルに利用されていまい、本物のシャアは亡くなります。

これが大きな転換期でもあり、とても考えさせられます。

シャアとキャスバルの出会いは必然であったのだと。第5話では、キャスバルがその才能を遺憾なく発揮させてガルマザビと共に軍事演習で戦果を上げます。

ザビ家への復讐を考えていたキャスバルにとってはガルマとの親交はメリットだったのかもしれませんが、本物の友と思っていたガルマの想いは後に裏切られたと考えるとキャスバルは冷酷だったのかもしれませんが、彼へのやさしさだったのかもしれません。

ここから先ではモビルスーツが完成し、1年戦争にとって大きな戦線であったルウム戦役も語られるので、今後のTHEORIGINも見逃せないです。

機動戦士ガンダム オリジン動画6話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません

テレビ(6月9日)再放送を一気見したいなら下記で
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

機動戦士ガンダム オリジン動画7話テレビ(6月9日)再放送が無料
 

ガンダムオリジン動画最新話